【Warframe】集敵NIDUSビルド

NIDUSの2番アビリティ「Larva」を利用して敵を集めるNIDUSのビルドを書いておきます。

使用MOD一覧

ビルドを作成するのに必要なMODの一覧です。

  • Energy Siphon
  • Cunning Drift
  • Transient Fortitude
  • Rage
  • Stretch
  • Fleeting Expertise
  • Flow
  • Streamline
  • Vitality
  • Overextended

解説

NIDUSのLarvaは発動時に敵を引き寄せ、その後は引き寄せた敵をホールドするアビリティです。

ホールドしている敵を全て倒すか、アビリティ時間が終了する事で再使用可能になります。

敵のホールド中は再使用が出来ないので、Transient Fortitude、Fleeting Expertiseでアビリティ時間を短縮する事で、連発を可能に。

Overextended、Stretch、Cunning Driftでアビリティ範囲を拡大します。アビリティ範囲を拡大するとLarvaで引き寄せる範囲が増えるので、更に多くの敵を集める事が可能に。アビリティ時間を短縮しているため、万一敵が壁に引っかかっても大丈夫。

Energy Siphon、Rage、Flowでエネルギーの使い勝手を向上しています。

Vitalityは高レベル帯でも耐えられるHPを確保するためです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です